Mickey-sonのホーム山の部屋山紀行→信州→涸沢

山紀行  信州

地図リンクは国土地理院 地形図閲覧システムによります。利用上の注意を読んで下さい。  利用上の注意
枠で囲まれた写真はクリックすれば大きな写真となります。

 涸沢(からさわ)

【日  時】 2005年9月30日(金)〜10月1日(土)
【山  名】 涸沢カール 2300m
【山  域】 北アルプス山系
【天  候】 30日晴れ、1日晴れのち曇り
【メンバー】 白馬夫婦、西、ISO208、Mickey-son 5名
【コース 】 1日目(30日)
明石6:00→あかんだな駐車場12:30→平湯バスターミナル12:50→上高地バスターミナル(1505m)13:30→明神小屋(1530H)14:35〜:15→徳沢園(1562m)15:50→新村橋(1581m)16:05→横尾山荘(1620m)16:50
2日目(1日)
横尾山荘5:25→本谷橋(1790m)6:25→涸沢カール(2300m)8:10〜10:15→屏風のコル(2415m)11:25〜:45→中島新道分岐(1910m)13:40→沢出合(1720m)14:10→梓川出合(1615m)14:25→新村橋14:30→徳沢園14:45→明神小屋15:45→上高地バスターミナル16:45〜17:00→平湯バスターミナル17:50→ひらゆ温泉20:00→明石24:30

地図でコースをを見る

 一度は見たかった涸沢カールの紅葉。ようやく実現することになった。涸沢ヒュッテのHPでは紅葉度は4.5分程度と書かれており、時期は少し早いようであるが乗用車で駆けつけた。あかんだな駐車場に車を止め、無料シャトルバスで5分ほどで平湯のバスターミナルに到着し、シャトルバス(1080円)に乗り換えて焼岳を車窓に見て上高地バスターミナルに到着。ここで明日の昼食を購入して出発する。トイレは基本的に有料(100円)である。

 河童橋で奥穂高岳をバックに記念撮影をした後、吊り橋を渡り、梓川の右岸を遡っていく。木道が明神まで続いており、ゆったりと散策できる。穂高神社奥宮を見学後、明神橋を渡る。明神館を過ぎるとまもなく右側に徳本峠の分岐が現れる。前方に常念岳を見ながら、また湧き水でできた池にはアマゴが泳いでいる。ハルニレの巨木が点在する中にキャンプ場がある徳沢園で休憩。河原まで出れば蝶が岳が見られるようである。夕闇が迫る頃、横尾山荘に到着。本日の歩行距離は10.3km。
 横尾山荘で離れにあるジェットバス付きの風呂で正面に屏風岩を眺めながら汗を流した後、山荘前でビール(700円/500cc)を飲み、おいしいご飯を食し、8時には寝床に付く。夜半に目覚めたため外に出てみると夜空には満天の星が輝いている。明日は良い天気と思いつつ再び就寝する。この山荘は比較的搬送の便が良いためか清潔であり、シーツも糊が利いている。一晩中電気もついている。

 朝食は5:30からで時間的に出発が遅くなるため、弁当(パン食/1050円)を準備して貰い、部屋で食事を摂る。かすかに明るさを感じる中、横尾山荘を出発。横尾大橋を渡り、右手に横尾谷を見ながらしばらくは緩やか紅葉したナナカマドの後方に常念岳、東大天井岳な道を歩いていく。本日は涸沢まで6kmの往復と上高地までの10kmで計約22kmの行程である。無事完歩できるかなぁ。季節柄、寒いかなと思っていたがそれほど冷え込みもせず、気温は9℃で登りには半袖シャツで十分である。やはり地球は暑くなっているようである。急に登りとなるが再びを緩やかな麓を屏風岩と沢を左手に眺めながら歩いていく。後方には蝶が岳が望める。本谷(ほんたに)橋で沢を渡り、沢の反対側に移ると色づいたナナカマドがあちこちで見られる。早朝までは雲はなかったがこの頃には雲がかかり始めた。

涸沢カールの見事な紅葉 分岐(標識有り)で右側の涸沢小屋方面の道をとり、岩だらけのキャンプ場(ここで寝るには相当厚いクッションが必要そう)でリュックをおろし、紅葉鑑賞のため空荷で涸沢小屋からでている奥穂高岳の登山道を見晴らし岩手前まで登っていく。まだ葉っぱは完全な紅葉とはいかないが中には真っ赤な所もある。
 カールでの気温は15℃であり、やはりこの時期としては暖かい。しかしまだ一部雪渓が残っている。涸沢ヒュッテではおでん(150円/個)、ラーメン(800円)が準備されている。前方には東天井岳、大天井岳が見える。しかし、しばらく念願の紅葉を鑑賞している内に見る見るうちに下からガスが上がってきて穂高連峰も見えなくなってきた。出発の時が来た。

 予定では登りと同じコースを下りることにしていたがシーズン中の土曜日であり、時間的にも登りの人が多いだろうと判断し、涸沢ヒュッテ横からパノラマコースで下ることにする。しかしこのコースは道は判りやすいが結構危険なコースで、あちこちでロープを伝って崖っぷちを歩かなければならない。多分眺めは良いと思うパノラマコース 危ないよ!が、あいにくガスがかかってきて眺望は利かない。どうも最近はついていない。しばらく北斜面を何度かのアップダウンを繰り返し、馬の背に出ると正面に屏風ノ頭(びょうぶのかしら)が見えてくる。このあたりもナナカマドが見事に紅葉している。屏風ノコルで90度に右に折れ、急なジグザグの道を下っていくが御影石の砂利で足下が滑りそうである。その内、石は大きくなり歩きやすくはなる。しばらくは東斜面を下っていく。
 大きな水無し沢を横切り、次に同様の沢に出ると中島新道分岐で、ここで左に折れ(右は奥又白池へ)、大きな岩の中をペイントの目印に沿って奥又白谷の河原を下っていく。このあたりにはアザミが群生している。しばらくして樹間を下っていくと1回目に出会った沢に再び出合い、それに沿って林道を歩いていくと梓川に行き当たる。しばらく右岸を歩いていくと左側にコンクリートの橋脚でできた吊り橋の新村橋(しんむらばし)が現れ、渡る。あとは昨日通った左岸道を黙々と徳沢から上高地まで戻るだけである。上高地手前で雨が降り出す。

 着替えの準備をし、車で平湯バスターミナルの駐車場(90分無料)に戻ると、18時過ぎとなっており、さあ3階の露天温泉で汗を流そうとしたら早くも営業は終了していた。思案していたが幸いにもその隣に「ひらゆの森」(500円)があり、内には露天風呂が7つもあり、湯の花が浮かんでいる。宿泊もでき広々とした温泉である。ここで夕食として焼き肉定食(1500円)を食した後、国道158号線で高山経由、飛騨清見で東海北陸自動車道に乗り、帰路につく。
 10月3日の雨で紅葉が一段と進んだみたいである。少し行くのが早かった。

元に戻る   山に戻る  Mickey-sonの趣味に戻る