Mickey-sonのホーム山の部屋山紀行→兵庫県→高峰

山紀行  兵庫県

地図リンクは国土地理院 地形図閲覧システムによります。利用上の注意を読んで下さい。  利用上の注意
枠で囲まれた写真はクリックすれば大きな写真となります。

 高峰(たかみね)

地図でコースを見る  所要時間 4:30 水平歩行距離 6.4Km

【日  時】 2015年9月20日(日)
【山  名】 高峰 844.7m
【山  域】 兵庫県宍粟市一宮町
【天  候】 晴れ時々曇り
【メンバー】 趣味人倶楽部の播磨の山歩きの会、Mickey-son 18名
【コース 】 JAみかたサンパテイオ駐車場(285m)9:20〜:30→登山口(285m)9:35→砂防ダム(315m)9:40→電波塔(505m)10:25→林道終点/NHK中継塔(595m)10:45→大岩(765m)11:35→高峰頂上11:55〜12:45→共聴アンテナ跡(750m)13:00→大岩(720m)13:15→草木坂登山口(465m)13:50

 「播磨の山歩きの会」に参加して宍粟50名山34番目の高峰に登る。姫路駅からマイクロバスで県道6号線沿いの「JAみかたサンパテイオ」の広い駐車場(トイレ有)で下車、少し県道を北に歩き、橋を渡ると対面に高峰登山口の標柱が見える。ここから前川を右に見ながら林道を歩き、高峰の縦走を開始する。本日は快晴で空気も乾燥しているため爽やかである。

 5分ほどで右手に砂防ダムを見て、しばらくは舗装された道をくねくねと登っていく。やがて正面に携帯電話用アンテナ塔が現れると左側(西方面)には東山が望める。ここからは地道となる。更にくねくねと林道を歩いていくとYの字に林道が二手に分かれている。左の道を採り、その先に見えるNHKの一宮FM中継局からが本格的な登山道になる。しばらくは右下に先ほど別れた林道を見ながら樹林帯の尾根道をどんどん登っていく。

 ピーク640を過ぎてから急勾配となり、大岩を見かけるとピーク781となる。2分ほど歩くと久しぶりに右手に視界が開け、下方に林道と南方向には山々が展望できるが暁晴山は見当たらない。2度目の急坂を害獣除けネットを右に見ながら登って行くとすぐに頂上に到着である。二等三角点がある頂上は木立に囲まれ、南西方面のみの眺望である。昼食とする。

前川登山口→ 林道から登山道に入る→
急登 後1回ある→ 大岩が現れ、その後ピーク781となる→ 右手に先ほどの林道と思われる→

 昼食後はそのまま直進して東に向かう。途中には共聴アンテナなのかたくさんの残骸が登山道周りに散乱していた。しばらくしてから左側に藤無山と氷ノ山が望めた後、大岩を過ぎてすぐに左に折れる。直進は草木ダム方面(草木越えコース)への下山道である。テレビアンテナ用の黒ケーブルを追い、急勾配を下る。登りの場合であれば相当しんどそうな道である。

 右下にマイクロバスが待機しているのが見えると草木坂登山口である。車をチャーターをするのは少し高くつくが縦走に非常に便利である。

樹木に囲まれた高峰頂上→ 左手に黒尾山を望む→ アンテナの残骸が放置されている→
右側は藤無山 中央奥に氷ノ山 左に一山→ 大岩の横を抜け左に折れる→ 振り返って草木登山口

 紅葉にはまだまだであり、縦走中ほとんど展望が無く、見るべき所も無いためあまり面白味のない山であった。この時期の登山はお勧めできない。唯一季節柄、道沿いに十数種類の様々なキノコに遭遇。
 まほろばの湯温泉(600円)から高峰を眺めながら汗を流して姫路駅に向かう。

 元に戻る   山に戻る  Mickey-sonの趣味に戻る