Mickey-sonのホーム山の部屋登山の記録→兵庫県→書写山

登山の記録  兵庫県

地図リンクは国土地理院 地形図閲覧システムによります。利用上の注意を読んで下さい。  利用上の注意
枠で囲まれた写真はクリックすれば大きな写真となります。

書写山(しょしゃざん) 登山

地図でコースを見る  所要時間 4:30  水平歩行距離 11.2Km 累積標高 ±927m

【日  時】 2019年6月5日(水)
【山  名】 書写山 371mH
【山  域】 兵庫県姫路市書写
【天  候】 曇りのち晴れ
【メンバー】 Mickey-son 1名
【コース 】 大歳神社駐車場(40mH)8:40→刀出道登山口(60mH)9:00→円教寺護法堂拝殿裏(310mH)9:40→東坂道下山口(240mH)10:55→東坂道登山口(35mH)11:25→西坂道登山口(55mH)11:45→円教寺妙光院横(310mH)12:20~12:45→六角坂道下山口(300mH)12:45→六角坂道登山口(40mH)13:30

 書写山は40年前ぐらいに円教寺の観光でロープウェイで登って東坂道を下ったことはあるが登山?としては登ったことが無いので今回トライすることにした。しかしそれぞれの登山時間は短いので6つの坂道の内、比較的下道を歩く距離が短い刀出道→東坂道→西坂道→六角坂道を歩くことにする。

 大歳神社の前に10台ぐらい駐車場があり、ここに止めさせてもらう。一旦、菅生川左岸沿いに刀出(かたなで)まで歩いて天神神社から入っていく。ここは太陽光発電のパネルが設置されてその西側には登山者用の30台は止められそうな大きな駐車場がある。防獣フェンスを開けてから樹林の中を沢沿いに登っていく。護法堂拝殿裏に到着するとすぐ左に鯰尾坂道へ続く道が見える。円教寺建物を観光していたので書写山頂上に行くのを失念してしまった。

 「ラストサムライ」や「駆込み女と駆出し男」や大河ドラマ「軍師官兵衛」などの撮影があった場所を観光しながらロープウェイを目指して参道を南進し、ロープウェイ駅横にある東坂道を下っていく。主に岩稜の道となっている。所々にショートカットの道がある。最後は如意輪寺側に降りる。

 県道545号線を西に向かって歩き、県立大姫路工学の東門前を通過して日吉神社に向かって上がって右に折れると西坂道である。車が走れる道幅の広い参道であるため何の趣もなく山登りには全く適さない。黙々と歩いて「妙光院」横に出る。日差しが強く汗をかいていたのでその先にある売店でビールを頼むが支払いの段になって財布を車に置いてきたのに気が付く。禁断症状が出る。「あぁぁ」がっくり。コンビニで買っていた弁当で喉を紛らわす。

 六角坂道は売店の直ぐ西側にあるが工事用衝立で道をふさいでいるが横の木に「六角坂道」と案内されているのでそのまま下っていく。ここも樹林に囲まれた沢沿いの道であるが刀出坂道よりも大きな岩もあり、かつ道幅も広くて気持ちの良い山道である。

大歳神社に駐車→ 刀出坂道入り口→ 刀出坂道登山口→
沢沿いに登っていく→ 五輪塔→ 刀出坂道終点→
護法堂拝殿→ 常行堂(じょうぎょうどう)、食堂(じきどう)、大講堂→
摩尼殿(まにでん)→
東坂下山口→ 東坂登山口→
西坂道入り口 正面の日吉神社を右へ→ 西坂登山口→ 西坂終点→
工事用衝立がある六角坂道下山口→ 沢沿いの六角坂道→ 六角坂道登山口

 個人的に好きなコースは1番は六角坂道、2番目は刀出坂道、3番目は東坂道で西坂道は再び登りたくない。登り始めてすぐに右足のふくらはぎに違和感があり、何度か4つのコースをクリアするのを諦めようと思ったが東坂道下り口に竹製の杖が置かれていたのでそれを借りてなんとか完歩する。しかし六角坂道下りでは足を引きずりながらの歩きとなる。杖は六角坂道登山口にお返しした。

元に戻る   山に戻る  Mickey-sonの趣味に戻る